精力剤を使って100人斬りを成し遂げた「絶倫ジャック」が本当に効果のある安全な精力剤・増大サプリの口コミを暴露します!

精力剤と増大サプリの比較ランキング!実際に飲んだ効果と口コミ検証

早漏・遅漏

抗うつ剤を飲むと早漏が治る?しかし副作用のデメリットがある

投稿日:

早漏も度を越えるとセックスに支障をきたすようになります。薬を飲んででも早漏を治せないかと考えて調べてみると割と簡単に「抗うつ剤を飲むと早漏が治る」という情報も出てきます。

しかし抗うつ剤を早漏対策として飲んでしまうと効果はあっても副作用のデメリットがあるんですよね。

今回は早漏治療の方法として抗うつ剤を飲むのはいいことなのか?またあるとしたらどんなデメリットが考えられるのか?を検証してみたいと思います。

早漏を治すために抗うつ剤を飲むのは絶対にNG

まず、抗うつ剤で早漏が治るというのは事実です。(症状が一時的に治まるというだけの話ですが)実際に早漏の治療薬として抗うつ剤が使われることもあるのです。

しかし、抗うつ剤での早漏治療は副作用が出ます。

薬で頼るよりも精力サプリなどの健康食品で早漏を改善する方法を私が推しているのは副作用の有無が一番のポイントだったりします。

抗うつ剤には主にSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)やNaSSA(ノルアドレナリン作動性、特異的セロトニン作動性抗うつ薬)といった種類がありますが、どれもセロトニンのコントロールを目的としています。

その働きによって確かに射精のタイミングを遅らせることが可能なのです。ただしこれは抗うつ剤を飲んでいる間のみの現象ですので根本的な解決方法にもなりません。

抗うつ剤がもたらすデメリット

副作用というのは一体なんなのか?という点についても解説しておきたいと思います。

射精障害になる可能性あり!

抗うつ剤によってセロトニンをコントロールすると性欲そのものをカットすることが出来るので射精を遅らせることができます。しかし、薬としては強力なので効きすぎて性欲が無くなってしまう危険があります。

早漏を解消してパートナーと満足のいく性生活をしたいと思っているのに、性欲そのものがなくなってしまっては全く意味がありません。

また抗うつ剤を服用しているうつ病患者の人は性欲が減退している人が多いです。この点は男女問わず同様の症状が出るので、早漏対策として服用するには恐ろしい副作用だと思います。

精子の生殖能力が弱まる

抗うつ剤は精子のDNAを損傷させることがわかっています。精子の数や運動率については問題が無いのですが、抗うつ剤によって生殖能力が落ちるということを指し示しています。

男性不妊で治療中の抗うつ剤服用患者が抗うつ剤の服用を一時的にやめたところ若干改善傾向が見受けられるといった研究結果もあります。

ただ、DNAが損傷するということは基本的に取り返しのつかないことなので、どうしてもうつ病治療のために抗うつ剤を外すことが出来ないという人以外、少なくとも早漏治療程度では飲まないことをおススメします。

まとめ

抗うつ剤は確かに早漏の治療には効果を発揮します。セロトニンのコントロールが出来るので、性欲そのものをカットできるためです。

しかし性欲がカットされるということはセックスそのものに対してやる気が起きなくなったり、結果的に射精障害を誘発してしまう可能性もあり、早漏対策の治療薬としてはあまりおススメはできません。

それに抗うつ剤で早漏対策をしたからと言って相手の女子が満足するかというとそうとは限りません。

私が飲んでいるクラチャイダム配合の精力回復サプリであれば性欲をカットするという引き算的な対処に頼らずに、芯からペニスを強化して射精のタイミングをコントロールすることもできるようになりますので抗うつ剤で対処するよりも相手の女性の満足につながりやすいと思います。

私が実際に飲んだ時の感想を書いた評価レビューもありますので良かったらチェックしてみてください。

>>クラチャイダムの膨大なアルギニンで早漏を解消できる!サプリの口コミを見てみる

-早漏・遅漏
-, , ,

Copyright© 精力剤と増大サプリの比較ランキング!実際に飲んだ効果と口コミ検証 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.