精力剤を使って100人斬りを成し遂げた「絶倫ジャック」が本当に効果のある安全な精力剤・増大サプリの口コミを暴露します!

精力剤と増大サプリの比較ランキング!実際に飲んだ効果と口コミ検証

セックスのトラブル

射精する頻度が多いと前立腺がんのリスクが減少する?本当か検証

投稿日:

射精する頻度が多い人は前立腺がんになるリスクが減少するというのは本当なのでしょうか?

前立腺がんというのは精液を作る部位である前立腺にガン細胞が発生・増殖してしまう病気ですが、最悪の場合、睾丸を切除するような事態にまで至る可能性があるので男としては絶対にかかりたくない病気です。

日本人の2人に1人はどこかしらのガンにかかってしまい、3人に1人はガンが原因で死亡してしまうという現代ですので、これを書いている私も、読んでいるあなたも、決して他人事にはできません。

射精する頻度によってリスクが減少するというのが本当なのであれば積極的に射精したいところなのですが、どのくらいのスパンで何回くらい射精するといいのでしょうか?

また前立腺がんの原因についても改めてチェックしていきましょう。

>>一日にたくさん射精できるようにする勃起力&精子量増進の精力サプリをチェックしてみる

前立腺がんの原因になる要素とは?

近年の研究で10年ほどかけて判明した事実として「射精の回数」が前立腺がんのリスクを左右することがわかりました。

実は前立腺がんのリスクになる要素・リスクを下げる要素というのは長年にわたって研究されていましたがずっと不明なままでした。

肺癌の場合は喫煙がリスクになり得るし、子宮頸がんの場合はHPV(ヒトパピローマウィルス)といったハッキリしている因子があったわけですが、前立腺がんの場合は因子がわかりませんでした。

どうしたら人は前立腺がんになり、何を避ければ前立腺がんにならなくなるのか?といったことは闇の中だったわけです。

射精の回数が少なければ前立腺がんのリスクは高まり、射精の回数が多ければ前立腺がんにはかかりにくいという研究の結果がだされたのです。

何回射精したら前立腺がんになりにくくなるのか?

ではどのくらいの期間で何回射精すると前立腺がんのリスクは低くなるのでしょうか?米国で行われたとある試験で基準値がハッキリと割り出されているのでチェックしてみましょう。

米国の医療従事者を対象とした試験の結果・・・

この試験の概要は以下の通りです。

参加した人は1986年時点でガンに罹患していない米国の医療従事者でした。対象年齢は40代から80歳まで。

1992年時点で一度「セックスや自慰行為など方法を問わず月に何回射精しているか?」という質問について、0~3回、4~7回、8~12回、13~20回、21回以上から回答をしてもらったそうです。

その後、2010年時点まで追跡出来た31,925人について、食事内容・生活環境・前立腺がんの検診を受けているかどうか?も考慮しつつ分析したとのことです。

結果、「1ヶ月の射精回数が21回以上」と答えた男性と「1ヶ月の射精回数が4~7回」という男性を比べてみると前立腺がんのリスクは約20%低下していることがわかりました。

調査結果の信ぴょう性としても対象者が多いことからこの実験はかなり信頼できるもので「射精回数が多い人ほど前立腺がんになりにくい」ということが証明された実験と言っていいでしょう。

出典:Leitzmann MF, et al. Ejaculation Frequency and Subsequent Risk of Prostate Cancer. JAMA. 2004;291(13):1578-1586.

歳を取っても射精し続けるには若いうちから定期的に射精するのが一番

歳を取ったらそんなに射精するなんて無理に決まっているよ!と思う方もいるかもしれませんが、強い人は80歳になっても1日に何回も射精できたりするものです。

前立腺がんの予防には射精回数が多い方がいいというのは実験結果を見ても明らかですが、男性が生涯を通してなるべく長い期間に渡って射精し続けるにはどうしたらいいのでしょうか?

答えはシンプルで、出来るだけ年齢が若いうちから、定期的にたくさん射精するように心がけること。これに尽きるでしょう。

対策するのはできるだけ早い方がいいんですが、もちろん今からでも遅くないです。

たくさん射精するために必要な精子量を得る唯一の方法

男性が障害に渡って射精し続けるには定期的にたくさん射精することですが、そのためには精子の量が出来るだけ多く無いといけません。ではどうしたら精子の量は増えるのでしょうか?

それはズバリ、アルギニンを摂取することです。

精子・精液の主成分は実はアルギニンで作られています。つまりアルギニンを可能な限りたくさん摂取すれば精子・精液の量は増えるのです。

精子は細胞分裂によって作られます。細胞分裂の為には成長ホルモンが必要で、成長ホルモンの分泌を促す効果がアルギニンにはあります。

またアルギニンには勃起力をあげる作用もあるので、ペニスを硬くして精液を勢いよくドバっと出すことが出来ます。

ペニスが硬くなって射精時の勢いが増すと奥の方から精液を押し出すことができるのでよりたくさんの精液を出すことができるというわけですね。

また、アルギニンを摂取するのであればマカよりも「クラチャイダム」の方がいいです。

精力増強に使われる成分と言えば「マカ」が有名ですが、クラチャイダムはマカの2倍アルギニンを内包しているので、勃起力・精液の量ともにガッツリ底上げすることが出来ます。

クラチャイダムはサプリメントで手軽に摂りいれることが出来るので私も飲んでいます。これを飲み始めてからは毎日パートナーとセックスして射精までできるようになったので、私も月に21回以上は射精している計算になります。

これは間接的ではありますが前立腺がんの予防にもなっているということになります。

もし気になるという人は開封レビューの記事があるので良かったら読んでみてください。

>>ネイチャーシードクラチャイダムの開封レビュー

-セックスのトラブル
-,

Copyright© 精力剤と増大サプリの比較ランキング!実際に飲んだ効果と口コミ検証 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.